個人輸入について|海外のものを購入するなら個人輸入

個人輸入に関する消費税

個人輸入に関する消費税

基本的に海外と商品のやり取りをする場合には、消費税はかからないのが一般的です。個人輸入でED治療薬を購入する方が増えてきていると思いますが、購入金額には消費然は加算されていないことがほとんどです。

 

ED治療薬といえばバイアグラを購入する人がとても多いといわれています。アメリカで製造されているものもあれば、シンガポールから配送されるジェネリック医薬品なども、日本人男性からたくさん注目されています。

 

販売店が輸出免税を受けるためには、その商品の区分に応じて輸出許可証を提出する必要があります。そのために購入者には何ら手続きの必要はありません。販売店からすると、輸出の証名称や、帳簿、書類などを7年間保存して、いつでも取引が海外輸出であったという証明ができるようにしておく必要があります。

 

これらの書類は税務署で手に入れることができます。また、今ではインターネットを利用した提出方法も整備されており、輸出に関する消費税の届け出は簡単になってきている。

 

消費税では、輸出として行われるものに対しては消費然が免除されることが決められています。国内の仕入れなどに対してかかった消費税は、申告後に還付を請求することができることも知っておく必要があります。

 

個人輸入の消費税に関しても、整備がどんどん進んでいるので、便利な世の中になってきているともいえます。